2016年11月16日

アウディ a4 sライン

アウディA1中古一覧
アウディA3中古一覧
アウディA4中古一覧

アウディのこと大好きな方、購入を考えている方へ!
アウディの記事を集めます♪




Q

アウディA6アバントsラインとアウディA4アバントsラインの購入で迷ってます。いず...
るのかわかりません。高い買い物なので、率直なご意見をお聞かせください。宜しくお願いいたします。

A

A6の2.0だけは買っちゃいかんです。
2.8との価格差は40万ですが、それを遥かに上回る装備差があるので、2.0は間違いなく買い損です。
2.8はV6クワトロ・Sトロニック・ヒーター付き本革シート・18インチタイヤ、2.0Tは4気筒FF・マルチトロニック(CVT)・生地シート・17インチタイヤ。
2.0の本革シートのオプションだけでも21万円ですから、これくらい違うと100万は差がないとおかしいんです。

営業マンも「2.0は何のためにあるかわからない」と言ってるくらいですんで、A6買うなら、もう少しがんばって2.8にする方がいいし、A6の2.0買うくらいならA4の2.0クワトロの方がよいです。
アウディ乗るのに、クワトロの直進安定性を味わわないともったいないですよ。

現行のA4・A6両方所有した身としては、A6の方が内装の設えも乗り心地も1ランク高級なのは確かですが、偏差値で言えばどちらも70以上の世界ですから、A4が極端に劣るという事ではなく、どちらでも満足できるでしょう。

寸法上は、A6がA4より長いだけですが、実際にはでかさを感じる場面が多く、狭い駐車場などでは気を遣う場面が増えたのは確かです。
それだけに、後席は長距離ドライブでも快適に過ごせる広さがあります。

ナビは新しいはずのA6の方がバカで、日本語すらまともにしゃべれません。
A4もかなりのバカでしたが、日本語はちゃんとしゃべれてました。

自分の図体を知らないようで、ちょっと油断すると、路地へ路地へと導いてくれたり、三角形の二辺を行かせたがるので、見知らぬ道ではナビとにらめっこして、騙されないように常に戦う姿勢が必要です。

A6のMMIタッチは直感的に操作できないので非常に使いずらく、A4の方がすっと良かったのも付け加えておきます。

ニュース

アウディ A4/A4アバント、1.4リットルエンジン搭載モデルを追加

アウディジャパンは、『A4』『A4アバント』に1.4TFSIエンジン搭載モデルを追加するとともに、限定車「A4/A4アバント 1.4 TFSI 1stエディション」(450台)を設定し、10月25日より発売する。

[関連写真]

今回、A4/A4アバントのエントリーモデルとして、A4では初めて直列4気筒直噴ターボエンジン搭載モデルを新たに設定。同エンジンは最高出力150ps、最大トルク250Nmを発揮し、トランスミッションには高効率な7速Sトロニックを組み合わせる。JC08モード燃費は16.6km/リットルと、高出力と優れた燃費性能を兼ね備える。またプレセンスシティ、プレセンスベーシックなど最新のセーフティ機能も搭載。さらにアウディコネクト、スマートフォンインターフェイスなど、多彩なカーインフォテイメントも標準装備する。

スポーティグレードのA4/A4アバント 1.4 TFSI sportは、クローム調のスポーツエクステリアや、17インチアルミによって、精悍なスタイルを演出。インテリアにはサポート性に優れたシートヒーター付きスポーツシートを採用、スポーツサスペンションと相まって、心地よい走行性能を実現する。さらにアドバンストキーシステムやセーフティ機能に加え、リヤビューカメラ、アウディパーキングシステムのアシスタンス機能も標準で装備する。

限定車1stエディションは、1.4 TFSI sportをベースに、通常は設定のないSラインエクステリアパッケージを装着。そのほか、3ゾーンオートエアコンや、メタリックボディカラーを備えた特別モデルとなる。販売台数はセダンが220台、アバントが230台。

価格はA4 1.4 TFSIが447万円、同sportが478万円、同1stエディションが509万円。A4アバント 1.4 TFSIが476万円、同sportが507万円、同1stエディションが538万円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》


posted by アウディファン at 08:47| アウディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アウディ」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。